アラサーもふらんの『ゆる育にっき』

アラサーもふらんは6歳(息子)と3歳(娘)のママです。今まで買って役立った育児アイテムを紹介していきます!

トイレトレーニング 育児にっき

【トレーニングパンツを履かない】トイレトレーニングの難関その①

2012/09/25

トイレトレーニングを始めて約半年くらい。やっとおしっこは完璧♪うんちはもう少しってところまで来ました。トイレトレーニングってこんなに大変なものなんや~ってびっくりしたけど今になったらいい思い出かな?まぁまだ夜とお出かけはおむつだし、おまるでしかできてないから完了はしてないんだけど、今までの大変だったトイレトレーニングを記録に残しておこうかな~。

何個も難関があったんだけど、ひとつひとつクリアしていって最後は意外とすんなりとおしっこできるようになりました。泣けるほどイライラしながら、最後は怒鳴りつけて夜に破水・・・。(出産前でホルモンバランスの崩れてイライラしていたのかもしれませんが)とにかくしんどいトイレトレーニングでした・・・。

まずトイレトレーニング第一の難関は、【トレーニングパンツを履かない】でした。まさかそこからつまずくとは思いもしませんでした・・・。

私の息子は2歳半頃からトレーニングを始めました。

実は1歳8ヶ月くらいの時にも挑戦したんですがその時は、まだイヤイヤ期じゃないので普通にトレーニングパンツを履いてくれてたんですがおしっこの間隔がぜんぜん開かない。というので断念しました。トレーニングパンツが濡れたから替えたら30分後にまた濡れる。という感じだったのでこれは無理だろうと判断しました。

そして2歳半の頃はというと、イヤイヤ期の真っ盛り!とにかくトレーニングパンツを履いてくれない。お気に入りのぬいぐるみに履かせて「○○ちゃんと一緒だよ~。履いてみよ~。」と言ってみたり。

「○○ちゃんに履かせてあげて~」と言って履かせるのを楽しみつつ、「ボンも履いてみようか~」と楽しく履けるように促してみたものの、履いたのは1度きり。次は「ぬれちゃうよ~」もしくは「ぬれてるよ~」と言って履いてくれなくなりました。おいおい、ぬれてるのはボンがおしっこするからでしょ~が。と思いつつ。

「パパと一緒だよ~、ボンも履こうよ~」とか一緒にやってみたりもしたけど・・・。毎日ハイテンションで誘うのもさすがに疲れてきて・・・。

濡れた感じのわかるトレパンマンにも挑戦したけどこれも×。うちのボンはパンパースのおむつを使ってたんですが一時期「頑張れニッポン」仕様になってて柄が違った時も「ちがうよ~」と言って履くのをためらった程敏感で、そもそも履くこと自体イヤイヤの時期だったので「履かないんだったらトレパンマン履かせるよ!」という脅しのアイテムとなってしまいました・・・(ごめんなさいトレパンマン。今しっかりお出かけ用に使ってます)

色々とネットでトイレトレーニングの成功体験を見ていたら、結構いきなり普通のパンツに挑戦した方が成功率が高い!というのを発見して、普通のパンツ買ってみようかな~と思うようになりました。

その頃はアンパンマンとトーマスが大好きだったのでパンツを選ばせてみることに。すると「いらないよ~」だって。むぐぐ~。道のりは長そうだ~。でもとりあえずパンツはいずれ使うだろうからお試しでトーマスとアンパンマンのパンツを2枚ずつ買ってみることにしました。

【トレーニングパンツを履かない】の第一の難関は、解決することなく過ぎて行きました・・・。一度も履かずに結局普通のパンツに移行となりました。

2ヶ月くらいはもう諦めモードでおむつのままでしたよ。イライラしてたら余計にやってくれないだろうし。しばらくは様子を見つつ嫌がらない程度に誘ってみたりしていました。

最終的には「トーマス、アンパンマンどっち履く?」って選ばせたら「こっちー!」と言って結構パンツを履いてくれるようになりました。トレーニングパンツは柄がキャラクターものじゃなかったから試してないのでわかりませんが、やっぱりキャラクターものは嬉しいみたいですね~!パンツを履くまでにも難関がありました。第二の難関は【トイレが怖くてまたげない】です。

これについては、次の機会に書いてみたいと思います。

-トイレトレーニング, 育児にっき
-,